続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『のほほんと』 野口裕句集

『のほほんと』野口裕句集(まろうど社) より


重機また人の末裔黄砂降る

春雨がぶっきら棒に水を突く

鳥帰る何かの予行だとしても

まず手を見次に爪を見試験果つ

ガラパゴス携帯電話初電話

山ひとつ片付いた夜のつつじかな

コンビニのうしろ無人と振り返る

マンホールの蓋持ち上がる星月夜

擦れ違うダンプまくなぎ連れ去りぬ

五七五たまに七七春麦酒

負にならぬカウントダウン去年今年

空蝉に蝉が入ってゆくところ



著者の野口裕さんとは、一時句座を共にしていたことがある。
その時の印象だと、作品も、句の読み方も、独特のスタンスがあり、まず普通っぽいことは言わない。
句会で、たまに自分の句を野口さんに取ってもらうと、嬉しかったが、どういう句が取ってもらえるかの傾向は、全くつかめなかった。
そのスタンスは、この句集をにも通じていると思う。けれどそれを言葉で表そうとすると難しい。
私が好きだと思った句に関して言えば、すこしブラックなユーモアと、どこかSF的な味わいがあるように思う。



スポンサーサイト

雪晴

綺麗に晴れた。雪はまだまだ残っている。


俳句仲間の月野ぽぽなさんが、角川俳句賞を受賞されたので、授賞式へ。
気持ちのこもったぽばなさんらしいスピーチ。本当におめでとうございます!

パーティーと雪の東京でした。明日くりまるのところへ帰ります。

30周年

朝の飛行機で東京へ移動して、炎環の30周年記念会に出席。

私は10周年の少し後に入会したので、もうすぐ20年が経つと思うと感慨深い。

プログラム盛りだくさんで来賓多数。
当日行ってお手伝いしただけで少々疲れた。ずっと準備をしてこられた方々は大変だったと思う。

句集 『赤鬼の腕』 中内亮玄

句集 『赤鬼の腕』 中内亮玄 (狐尽出版) 

剥き出しの心臓である冬の汽車

そそくさと大人にされて冬すみれ

春雨にほどけて歩く姉妹かな

電池切れて人と切れてから驟雨

霧深し「おぅい」と呼べば捨てられる

桜蘂虫歯だらけの夜でした

春隣いつか鰐だった鞄

酒臭きサンタかな愛多けれど

少し歩くつもりの赤の他人かな

新鮮なビルディング生え冬の虹


昂ぶった調子の、切迫感のある俳句が多い中に、ちょっと外したような愛嬌のある句も少し。
フォントが大きい。

第一章「赤鬼の腕」が句集で、第二章「青鬼の尻」は小論集。

akaoni.jpg

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

『リボン』上田信治句集

風邪をひいて、本当に寝正月になってしまった。
読み初めです。

『リボン』 上田信治句集(邑書林) より

うつくしさ上から下へ秋の雨

夜の海フォークの梨を口へかな

公園の冬温かし明日世界は

胃のかたち眠りのかたち冬の空

野兎のとても煮られて血のソース

きうりもみ池は雨ふる前の色

夢のやうなバナナの当り年と聞く

天然の蝦蛄はたのしく海の底

上のとんぼ下のとんぼと入れかはる

靴べらの握りが冬の犬の顔

木犀や水をもらつて白い犬



滋味がある、というか、風邪で弱った胃腸にじわじわ効く感じでよかった。
「書き方の違い」で六章に分けられているということだが、Ⅴ バナナ の章に好きな句が多かった。

電線にあるくるくるとした部分
kurukuru.jpg
これのこと?



テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。