続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 2017年08月

道頓堀

句会帰り、すこし寄り道したら、万灯祭ということで道頓堀に提灯が灯されていた。


梅田からミナミへ移動すると、空気がもわっとして感じられるのは気のせいだろうか。

ミニキュウリふたたび

暑くて、これといった花も咲いてこないのでベランダのミニキュウリ。

minikyu.jpg

ときどき収穫して、ひと株でも楽しませて貰っている。
来年はまた違う品種を播いてみようかな。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

View

ゲートタワービルに、昼間来るのは初めて。
パスボートセンターの窓から、関空までよく見渡せる。
kanku.jpg


和歌山方面も。
wakayama.jpg

オルガン 10号 つづき

福田さんの句が抜けていた。
気ままに読んでいるだけで、
別に全員分と決めているわけではないけど、5人中4人というのはバランス悪い。


多く見て感じて夜が来て蛾来て  福田若之

「て」で畳み掛けるように書かれていて、出だし「多く見て」とゆったり始まっているところや、最後「蛾来て」と3文字になっているところ、リズムが単調にならないようになっているのかな。

テーマ詠の方でも蛾の句がある。

しろくろい時間を部屋に息づく蛾  福田若之

上の句の続きみたい。



テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

オルガン 10号

東京は雨続きで涼しいらしい。大阪は普通に暑い。

オルガン 10号 より

映像の自分が走る水遊び  田島健一

やはり、わかりやすい句に目が行ってしまう。疲れていると特に。
映像の自分は無邪気。映像を撮っているのは家族だろうか。愛されている者の強さを感じる。

火が紙にくひ込んでゐる麦の秋  鴇田智哉

紙をあっという間にのみこむ火の勢いに、うっとりしつつ、怖れつつ。

  
切手のなかのトキのおさまりよく晴れる  宮﨑莉々香

「おさまり」がとても可愛い。可愛い小鳥とかではなく、トキなところも。


とうすみや抜きし歯根のほそながし  宮本佳世乃

「歯根」などに着目しているところが何とも奇妙で、立ち止まってしまう。









テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

送り火句会

今年も見させて貰いました。
お天気もよく、とてもクリアな大文字。
写真はいまひとつクリアじゃないけど。


久しぶりの線香花火も楽しかった。

ツルバキア

ツルバキアの花 ニラに近い。

tsuruba.jpg

休みだからといって、毎日出かけると疲れるので今日は家事と休養の日。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

観戦

ホークスファンの夫に付き合い京セラドームへ。

IMG_20170814_174459-COLLAGE.jpg

首位を走っていたホークスなのに、夫が見に行くと負ける、というジンクスが。
今日もボロ負け・・・。

京セラドームでホークス戦を見ると、いつも相手がオリックスということになる。
が、今日はホークスのイベントで日ハム戦。
大谷翔平のホームランが見られたのは良かった。

暑気払い

あっと言う間に連休も半ば。
近所の魚の美味しい店に来た。

鱧食べてます。

監視

外出時、留守番のくりまるの様子を見るため、IPカメラを買ってみた。
安物を買ったため、説明書が雑で設定に手間取った。

kurikanshi.jpg

だいたいいつ見てもこんな感じ。

テーマ : キャバリア
ジャンル : ペット

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク