続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 加田由美句集 桃太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加田由美句集 桃太郎

加田由美句集 桃太郎(2016 ふらんす堂)より

頤をひきし姿勢に牡蠣ナイフ
ひといれる深さや雛を仕舞ふ櫃
走馬燈車軸の雨を足袋はだし
佛間へとすすむ花嫁豊の秋
父親に慈しまれて雪女郎
餓鬼の手のつかみそこねし踊の手
脈しづか水蜜桃をてのひらに
菖蒲湯へ橋わたりくる女たち
若くしてひとり離れに麦の秋
箱庭や桂の水をひき入れて
草の市若きをとこが子をつれて


いろいろなタイプの句が収められているが
その中で、端正な中に少し怖さのある句に魅力を感じた。

加田さんに、宿題をいただいている。
悩み中。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。