続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 岡野泰輔句集『なめらかな世界の肉』

岡野泰輔句集『なめらかな世界の肉』

『なめらかな世界の肉』 岡野泰輔(ふらんす堂)より

崖が見え空が見え花烏賊のゆく
およそ莢から生まれ合はせて蓮見舟
向日葵の白黒(モノクロ)プリント恐ろしき
性別の分かれる前の案山子かな
どこからも上がれぬ島や夕紅葉
かまきりのかはいいことに皃小さし
いちばんのきれいなときを蛇でゐる
冷房を止めてくれろとジルベルト
劇団の子の垢抜けぬ水着かな
鞦韆は漕ぐべし豆電球なら点く
飛魚の先頭はいつ代るのか
ここまではふぐり落さず生きてきし
花冷えや脳の写真のはづかしく


こだわって、趣味に走って、楽しんで作られた句集と思う。





テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク