続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 句集『虚数』 増田守

句集『虚数』 増田守

炎環同人、増田守さんの第四句集です。

『虚数』増田守(角川書店)より

春眠や猫にとらるる万華鏡
空き部屋のひとつの咳を訝しむ
腸内の菌もろともに年越しぬ
日に一個薬のやうに吊し柿
せつかちな妻ゐて子のゐて夏休
この世からあの世へ一つ揚げ花火


章のタイトルが「講義室」「定位置」等、すべて漢字三文字。
平成24年に第一句集とのことで、それから4冊目なのでハイペースですね。



テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク