続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 鈴木多江子句集『鳥船』

鈴木多江子句集『鳥船』

鈴木多江子句集『鳥船』(ふらんす堂)より

血流に堰あるといふ花吹雪
獰猛な睡魔が来るぞ紅葉山
鈴虫や壺のかたちの失せにける
一本の指で動かす春の雲
冬満月森も睫毛も雫して
だんだんに寄り目になるぞ青葉木菟
敦盛草臍を固めてゐるらしき
目印に櫂立てておく花野かな
不老不死不死恐ろしき菊の酒
忽然とわが齢あり大桜


作者は「雲取」編集長。
角川「俳句」誌で添削指導をされている、
添削の上手な人の句はやはりかたちが整っていると感じた。




テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク