続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 岡村知昭句集『然るべく』

岡村知昭句集『然るべく』

岡村知昭句集『然るべく』(草原詩社) より

ぜんぶ賛成ひなあられこぼしつつ
小町忌はきのうでよろし薄荷飴
大男やめたくなりぬ濃紫陽花
からっぽのダムへと入る生徒会
新涼の神父三角座りだが
未婚には触れてよろしい葱の花
ふたことめには倫敦の寒の鯉
はにかみへあくびで応え鏡餅


句座を共にしている方の句集を読むと、たいてい
「あのときの句だわ~。しみじみ。」というのが何句かあるものだけれど
この句集にはそれを感じなかった。なんでだろう。
岡村さんには、結構句会で点を貢いできたと思うのだけれど。
帯に「20年の厳選された300句」とあり、なるほど~と感心するが
もし「この句集のために書き下ろしました」と言われても納得するかも。




テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク