続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 川柳カード 第13号からの一句

川柳カード 第13号からの一句

川柳カード 第13号から

牛ポンと世間の筋を蹴りよった  筒井祥文


この、川柳カードという冊子をいつも楽しく拝読している。
けれど、そこに載っている川柳について書こうとすると、何も言葉が浮かばない。
逆に言うと、俳句と違って、読み方のパターンや、アプローチの手段を持っていないので、
純粋読者の立場で楽しめるのかもしれない。

川柳カード誌に参加されている柳人のうち、数名の方とは面識があり
いずれも個性的な方なので、作品を読んでもご本人の印象が強く重なってくる。
この句も「ポンと~蹴りよった」という口語から、祥文さんの口調やニヤッと笑った顔がイメージされて離れない。

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク