続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 『鏡』 第二十三号

『鏡』 第二十三号

「鏡」第二十三号より

口あけて雪空を見る女かな 村井康司

と、それを見ている男。


太古より毛皮纏ひて集ひけり 森宮保子


下段にラスコー展に関する文章があり、それとリンクするような作品群。
クロマニヨン人が毛皮を着るのにも、防寒以外にファッション的な意味があったのかな。


少年に的を絞つた空つ風  八田夕刈

少年には試練を与えたくなるもの。






テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク