続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 「秋草」 2017年 5月号

「秋草」 2017年 5月号

「秋草」2017年 5月号 より

種物屋つめたき土を掃き出しぬ  山口昭男


種だけではなく苗もすこし売っていて、土がこぼれるのかな。
つめたき土が春陰の小さな店を思わせる。
ガーデニングショップじゃなくて、いかにも種物屋という店、うちの近くにもある。


日向ぼこきのふより今日老いにけり  岡村りつ子

あまり考えたくないけれどその通り。
淡々書かれていて可笑しい。


粉雪を首振りながら走りをり  宗方やよい

なんで首振っているのかわからないけど、切迫したものを感じる。












テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク