続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 『木簡』 山口昭男句集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『木簡』 山口昭男句集

『木簡』 山口昭男句集(青磁社)より

土色の顔の出てきて飾売る
人座るところ野菊の咲くところ
舌打ちの女出てくる大文字
種採の顔見せぬまま終りけり


定点観測系。
カメラは固定されていてそこに動きが発生。


てつぺんにあきて天道虫おりる
むづかしきことをしてをり金亀虫
金亀虫もんどり打つてもとの位置


昆虫観察系。ほのぼの。


ががんぼを大づかみしてこの女
秋の蚊をつかみすてたる野守かな


変奏で昆虫虐待系。


そのほか好きな句。

ここからは別の人来て大根干す
掛けてゐる袋に色の生まれけり
手毬の子汚れることを嫌ひけり
見えてゐる水鉄砲の中の水
水溜みんなきれいや菌山
傘開く大きな音や豆の花












テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。