続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 『鏡』 第二十四号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鏡』 第二十四号

『鏡』第二十四号 より

判子屋に苗字の増える四月かな  大上朝美


判子屋さんの仕入れ事情を知らないけれど、
注文されて入荷したものがそのままラインナップに加わったのか、
それとも見込みでいくつかの苗字を増やしてみたのか。
四月に増える苗字は期待の新人みたいで可笑しい。



税務署の桜からまづ満開に  笹木くろえ

街のあちらこちらの桜、遅速の順序は決まっている。
日当たりの関係だろうか。うちの近くでは商工会議所の桜が一番早い。
住んでいる街と、桜への愛着。



水木しげるの水を浮かんでくる蝌蚪よ  羽田野令

水木しげるの水ってなんだろう。
妖怪っぽい水かな。
この蝌蚪たちは普通の蛙にはならない気がする。


合計のかなしきこともバナナかな  三島ゆかり

謎めいているが、なんとなく叩き売りをイメージ。
威勢がいいようでちょっとかなしい。









テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。