続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 日々のこと

泉南ローズガーデン

薔薇園に来た。 イングリッシュローズの薔薇園は珍しい。
デビッド・オースチン社は何でこの、山の何にもないところに薔薇園を作ったのかな。
満開の終わりかけくらい? 香りが強い。お腹いっぱいになってくる。

花びらの重なり具合。 イングリッシュローズらしい。

薔薇つながりで・・・ 週刊俳句に「薔薇屋敷」というタイトルで10句寄稿しています。
http://weekly-haiku.blogspot.jp/2017/05/10.html

一週間

今日はすこし暑さがまし。
suzushi.jpg

手術後一週間たって、シャンプー・洗顔・メイク等許可された。
結構長く感じた。
保護メガネからも開放される。



夏場は蒸れてつらいです。
白内障手術受けるなら冬にした方がいい。

玉ねぎを切るときとか、いろいろ使えそう。
とっておこう。





シャンプー

急に暑くなり洗髪禁止がつらい。
ドライシャンプーも、粉のは飛び散ったりするのであまり・・・。
とのことなので、こちらを使ってみた。



手軽に使えるので、災害時用などに買っておくといいかもしれない。
成分も比較的安心そうで、地肌はさっぱりする。

でもなんとなく髪が重い感じに。
今日は耐えられず美容院で洗ってもらってきた。
さっぱり。

犬用もあったので、くりまるを洗う余裕がないときにどうかと思って、これも買ってみた。

白内障手術

懸案だった白内障の手術を、昨日無事済ませました。
よく見えるようになりました。
気にかけてくださった方々、ありがとうございました。


今日、眼帯を外してもらいに行った。
視力検査の一番上の段が見えていなかったのが視力1.2まで回復。
ただ、悩んだ末に単焦点のレンズを選んだので手元は見えにくい。
細かい文字を読むのには、老眼鏡が必要になりそう。これは仕方ない。

私のかかっているクリニックは、全て日帰り手術。
年末に予約し、今頃手術になるという繁盛(?)ぶり。
手術日は大きな眼帯で帰宅。
局部麻酔とはいえ、少しボーっとした状態で帰るので、付き添いがないと危ないと思った。
白内障の手術が日帰りなのは、簡単だからではなく、高齢化社会で手術を受ける人が多すぎ、収容できないからではないか、と思ってしまった。
手術の同意書に病名が「老人性白内障」とあり、それを見た夫が何度も「老人性・・・」とつぶやくので腹が立つ。
一日に四回、三種の目薬がややこしい。
と、まぁいろいろあるけれど、無事見えるようになって安心している。
hottosita.jpg
はやく通常営業に戻れとくりまるが言っている。








つるの句会

事前投句10句と席題4句の句会、各自連作10~20句を持ち寄り合評。連作は練れていない状態で出すので出来が粗いけど、それはそれで面白い。

Yさんからハッカ苗をいただく。

ミントは育てたことあるけど、ニホンハッカは初めて。帰り道ずっと香っている。

句会後にルクアのエキデポンテベッキオへ

この食後の珈琲に至るまでに様々な美味しいものがでましたがご想像にお任せします。
プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク