続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記 

家族写真

人間2人+くりまるの家族写真を撮ってもらいに梅田のフォトスタジオへ。
私たちはともかく、くりまるはカメラ目線ばっちりで褒められた。
できあがりは後日。
くりまるの写真はたくさんあるけれど、一緒に写ったものはあまりないので楽しみ。

icho.jpg

雨でボケているけど、大阪あたりも黄葉がきれい。

帰りにドッグカフェに寄り、ワンコメニューの燻製ささみを頼んだら、最近にないような食欲を見せてペロリ。
よかった。


四十雀

現実逃避して鳥と遊ぶ。
向いの家のサルスベリにシジュウカラが来ていた。

shijyukara02.jpg

シジュウウカラ、あんまり警戒心がないのかな。
結構近くなのに逃げていかない。

sijyukara01.jpg

鳥写真、少し上手になったでしょうか。

検査

昨日はブログ更新できませんでした。
あまり書きたくない内容ですが、くりまるのことを心配してくださっている方もいると思うので、書きます。

hospital_20171116215821c2b.jpg

紹介状を持って大学病院に行きました。人間の病院のように立派な病院です。
いろいろな検査をしました。
4つも腫瘍(先生は腫瘤と言っていた)が見つかりました。
詳細は手術を伴う検査が必要なのでわかりませんが、おそらく両方の腎臓と甲状腺、心臓の近くです。
手術をしても取りきれないし改善しないと言われました。なので手術はしません。
抗がん剤の効くタイプの癌でもないということです。

niwakuri_20171116220411492.jpg

本人は重病の犬のように見えないので、受け止めにくいです。
でも、受け止めなければいけないのだと思います。

してやれることが本当に少ないのですが、普通に過ごせるうちは普通にして、
つらい症状がでてきたらなるべく緩和するようにしてやりたいです。

この件でさすがに落ち込んでいます。
励ましのコメントをいただいても、きちんとお返しできないと思いますので、
できればご遠慮いただくとありがたいです。勝手言って申し訳ありません。


テーマ : キャバリア
ジャンル : ペット

長池

日曜日、長池オアシスに行ってみた。
夏にハスの花を見に行った場所。
水鳥がいるかなぁと思って。

nagaikeyare.jpg

鳥はほとんどいなくて、敗れ蓮・枯蓮ばっかり。

「川柳スパイラル」 創刊号

「川柳スパイラル」 創刊号 より


吹きよせの抒情をひとつ託卵す  清水かおり

過ぎたあと幹だけ白く写される  湊圭史

網戸からマイムマイムとわかい父  一戸涼子

ものすごい○が視界を横切って  柳本々々

屍はアロンアルファ臭がする  浪越靖政

トッピング座禅の僧が五・六人  悠とし子

眼球を磨き次世代型の球  川合大祐

真っ先にピアノが逃げて行きました  石田柊馬

「あっ」と言う象をそのまま連れてくる  畑美樹

二学期を中八にして叱られる  飯島章友

たぶん彼女はスパイだけどプードル  兵頭全郎

置きざりにしてゆくときの合言葉  小池正博



新しい川柳誌。
【創刊のご挨拶】に「本誌は川柳人だけではなくて、広く短詩系文学に関心のある読者を想定している」とある。
川柳小説や、小津夜景さんのインタビューなども。


nagaike.jpg


プロフィール

由季

Author:由季
大阪泉州在住 
2014年に『犬の眉』という句集を出しました。
キャバリアKCスパニエルのくりまる(2004年12月18日生)の世話係です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク